東洋化学株式会社|加硫剤・防着剤・プライマー・フレキソインキ・水性顔料分散材・ポリエステル繊維用加工剤
お電話でのお問い合わせ
メールアイコン
会社概要
当社では特殊重合技術を活かして、オリジナル製品を様々な産業に提供してきました。
現在は化学会社として世界に評価されております。
これらの製品が新技術やみなさまのより良い生活に貢献出来るものと心から望んでおります。

information会社概要

会社名 東洋化学株式会社
代表者 代表取締役 幸田一雄
設立 昭和36年4月
資本金 3,970万円
業務内容 化学工業薬品の製造及び受託製造
ISO9001取得

information沿革

昭和36年04月 神戸市長田区神楽町にて東洋化学工業所を創業。
グラフトポリマー及びゴム系接着剤の製造開始。
昭和36年05月 会社組織を改組し、東洋化学株式会社とする。
資本金150万円 授権資本金600万円
フタール酸モノエステルの縮合誘導体(接着性可塑剤)と高分子量硫化物(ゴム加硫剤)「バルカー」の製造開始。
昭和42年10月 本社及び工場を現在地に竣工、移転する。
アクリル系エマルジョン(塗料 接着剤)及び溶液重合物(インキ用基剤)製造開始。
昭和56年04月 ウレタン系溶液重合による接着剤及び合皮用塗料基材の製造開始。
昭和62年07月 アクリル系合成皮革表面処理剤製造開始。
平成06年04月 ポリエステル系接着剤及び塗料基材製造開始。
平成07年03月 増資により資本金1,000万円(授権資本金4,000万円)とする。
平成14年04月 ポリエステル繊維柔軟剤及びSR剤帯電防止剤製造開始。
平成15年04月 医薬剤経皮吸収用アクリル系接着剤製造開始。
平成26年09月 増資により資本金3,970万円とする。
ISO9001取得
東洋化学株式会社
ページトップ